貸切バスの利用時期

大人数での移動を考える時、他の移動手段に比べて比較的安く移動することができるのが貸切バスを利用するメリットの1つです。そのまま利用してもそれほど高額というわけではありませんが、貸切バスを利用するのであればより一層安く利用するための方法について知っておくと良いでしょう。では、どのような条件が揃った時、貸切バスの利用料金は安くなるのでしょうか。

まず、基本となるのは「利用者が少ない」時に利用することです。利用者が多い時期であれば、バス会社は利用料金を安くしなくても利用者が埋まるため、あえて安くするということはあまりしません。逆に、そのままでは利用者が少ないシーズンであれば、安くしてでも利用してもらいたいと考えて利用料金を安く設定することになります。それでは、具体的にどのような時期が人が少なく、安く利用できるのでしょうか。

まずは「連休」を避けることが重要になります。夏休みやお盆休み、正月休みなどの連休シーズンは、旅行をしたいと思う人が多く、やはり利用者が多くなります。このような時期は利用料金も下がらないことが多いでしょう。また、貸切バスの場合もうひとつポイントとなるのが、「修学旅行」の時期です。学校が修学旅行の目的で貸切バスを利用することも多いため、この時期も同様に利用者が多く、料金が安くなりにくくなっています。まずはこれらの時期を避けてプランを考えるようにしましょう。

もうひとつポイントとなるのが、曜日です。土日祝日など、一般的に休日である日というのは利用者が多くなりやすい傾向にあります。そのため、これらを避けることができるプランであれば、平日に利用するようにすると安く利用しやすくなるでしょう。人気のある時期は地域によってもある程度違いがあるため、利用するバス会社で質問をしておくようにするとお得に利用できるでしょう。

また、利用する時間帯についても重要なポイントとなります。貸切バスは深夜や早朝の利用をすることも可能ですが、これらの時間に利用する場合は割増料金が発生することになります。そのため、特別な理由がないのであればこれらの時間は避け、日中の利用を心がけるようにしましょう。夜間移動が必要な長距離移動となる場合、ドライバーが1人では運行することができなくなるため、追加ドライバー分の料金が発生することもあります。この点も注意をしておかなければ、予算が思ったより高くなってしまうことがあります。